痔の症状と言うと、どうしても男性をイメージしてしまうケースが多いと思いますが、実は男性に比べて女性に多いと言われているのが「切れ痔」です。切れ痔は、医学用語で「裂肛」とも呼ばれていて、肛門付近の皮膚が切れたり裂けたりする痔の事を指します。肛門付近の皮膚は、通常の皮膚と同じ感覚を持っている為、痛みを感じ、自覚症状が現れやすい痔と言えるでしょう。肛門付近の皮膚のみが裂けた状態で、排便の時だけ痛みがあるものを「単純性裂肛(急性裂肛)」といいます。この単純性裂肛をそのまま放置すると、裂肛が慢性化してしまうこともよくあります。裂肛が慢性化し、裂け目が深くなったり、肛門にポリープや潰瘍、イボが出来たりした状態で、排便後も長時間激しい痛みが続くものを「慢性潰瘍性裂肛」というのです。女性に切れ痔が多いと言われている一番の理由は、便秘です。生理や日常的なダイエットの影響で便秘になりやすい女性は、いきんでムリに硬い便を出そうとする摩擦で肛門の皮膚を傷つけ、切れてしまうのです。便秘が、切れ痔の最大の原因という事になります。その他にも、産まれつき肛門が狭かったり、下痢の症状で勢い良く便を出す際に肛門の粘膜を傷つけたりしても、切れ痔の原因となります。また、若い人に切れ痔が多い理由は、肛門付近の皮膚が切れるには、ある程度の筋肉の張りが必要となるので、筋肉の張りが少なくなった高齢者よりも若い人の方が切れやすくなってしまう為ですー